アップスタイル

 

 

アップスタイル

 

 

アップスタイル

 

 

アップスタイル

 

 

アップスタイル

 

 

アップスタイルアップスタイル

 

 

 

長永会アップ塾

長永会ってどんな会なの?

長永会の成り立ちにはこんな歴史が…

 

本 長永によって設立された長永会は、最後の信竜会を見送り、新たな歴史に向かって進んでいます。

 

信竜淳二先生亡き後、’97年より遺族が会を閉じるまでの3年間、信竜会に最後の最後まで残った大阪支部の本 長永を中心とする講師メンバーが大阪会場を始め、東京会場、横浜会場と信竜会存続のため勢力的な講習活動で会を支え続けていました。

 

遺族による信竜会閉会に伴い、新たな一歩を踏み出すべく2000年、本物のアップの継承、また新たなアップの世界の模索、研究を目的に本 長永により『美容研究全国長永会』を東京会場、大阪会場の受講生及び講師に推される形で発足致しました。

 

現在、アップスタイルを中心とした研究活動、講習会等を行っています。

 会名称が、『美容研究全国長永会』になっております通り、アップスタイルにのみ限定せず、将来的にはそこから、幅広く美容研究をしていこうと考えております。

 長永会のアップスタイルには独自の基礎理論・技術があり、それらの積み重ねが、奥の深い独自のスタイルの裏付けになっています。

 現在、東京・大阪・神戸で月例の講習会を行っており、在籍講師も独自のスタイルを追及しています。

 当会の講習は、基礎科・ベーシック科・研究科・講師科に分かれており、各レベルに応じて順次受講して頂きます。

 当会会則の規定に基づき準講師・講師・幹部講師・師範講師の試験を行い当会活動に参加する事ができます。

 

長永会講師ってどんな事をするの?

講師会の役割とは…

 

通常年1回、全国講師会を行い講師試験、総会、講師全員参加のコンクールを行い、講師の力量が問われます。 
いつも、アフターは日頃会えない講師間で親睦を暖め、情報交換に遅くまで、飲み会が続き会話の華が咲きます。

講師になると自分で、オリジナルの作品を考えていかなければなりません。
また、教える事も学び、発表の場及び当会イベントにも積極的に出場して頂きます。

でも、それは成長の苦しみでもあります。
これから自分が指導者になるために・・・

 

長永会講師になる意義と目的とは?

講師が追求する物〜切磋琢磨して生まれる事

 

当会主催の講習会において、規定の単位を取得し、会長の推薦(本人のみにお知らせ致します)を得た方のみ講師試験を受験する事が出来ます。

(会長推薦は、会長及び当会本部、幹部によって独自の判断基準で決定致します。尚その判断基準の詳細、是非等、一切公表はされません)

講師試験に合格しますと、講師と認定します。
講師になりますと、講師の階級に応じて講習費を割引価格で受講できます。

また、師範講師になりますと当会講師の肩書きを使用してアップスタイルの講習会を主催する事ができます。(諸条件があります)

講師は当会オリジナル商品を割引価格で購入できます。